Menu

月別: 2017年5月

キャットフードの選び方

現在、市場ではさまざまな種類のキャットフードが販売されており、発達段階や好き嫌いによって豊富なラインナップから選択できるようになっています。人間と同じように猫にも好き嫌いがあるので、いろいろな種類のキャットフードを試して最も食いつきがいいものを探し出してあげましょう。また、一種類だけでは飽きてしまうことも多いので、何種類か用意して、ミックスするのもひとつの方法です。キャットフードには、食感、風味などに違いがあり、特にフレーバーは猫の食欲に大きな影響を及ぼすため、魚味やチキン味に好みが分かれることもあります。加齢によってもキャットフードの好みが変わってきます。特に高齢になると、咀嚼や嚥下の力が衰えるため、カリカリ食感のものが苦手となることがあるので、ドライタイプだけでなくウェットタイプを混ぜる量を増やすなどして調整してあげましょう。

固形で乾燥させたタイプのものをドライフードと呼んでいます。カリカリとした食感を好む猫にとって基本食となるものです。カビが発生したり、品質が劣化したりすることがほとんどないので、保存にも適しています。乾燥タイプであるため、水分量が不足することが考えられるので一緒に水も与えるようにしましょう。豊富な栄養素が含まれているだけでなく、メーカーによっては、肥満対策や毛玉ケアなどが施されたものも販売されています。歯で咀嚼する必要があるため、まだ歯が生えそろっていない子猫には、ミルクや缶詰、ウェットフードなどを与えるようにしましょう。